あそこの違和感にさよなら!縮小手術で小陰唇肥大を解消しよう!

そもそも小陰唇肥大って何?

小陰唇とは女性の膣の左右にあるヒダのことで、膣の中に雑菌などが入り込むのを防ぐ役目を担っています。平均的な大きさは1センチほどですが、この部分が通常よりも大きくなった状態が小陰唇肥大です。全体的に肥大するのではなく、片側だけが大きくなることもあります。この場合、大きい側だけが刺激を受けやすいためよりサイズに偏りが生じてしまうという悪循環に陥ることもあります。

ヒダがはみ出しているのを目にして気づく場合もありますし、ジーンズを履く時や、自転車に跨る際に違和感を感じて気づく場合もあります。排尿時におしっこが飛び散ったり、性交時に痛みを感じるといったトラブルの原因にもなり得ます。

小陰唇肥大の原因ははっきりとはわかっていませんが、先天的なものの他に、加齢によるものや、怪我が原因のものなどもあります。

病院で受けられる小陰唇縮小手術

小陰唇肥大を解消する方法としては、美容外科などで縮小手術を受けるという方法が挙げられます。メスで余計な部分を切除し縫合するというもので、高周波メスが使われることもあります。また、医療機関によっては体内に吸収されるため抜糸の必要がない糸が用いられています。

手術に要する時間は30分から1時間程度で、縮小のみならず色素沈着などを解消することも可能です。手術後には腫れが生じますが、時間が経てば治まります。

なお、手術後には性交渉や激しい運動などを一定期間控える必要があります。それぞれの医療機関で受ける医師の指示にきちんと従うことが望ましいでしょう。

小陰唇 手術の平均的な手術費用は、都内のクリニックで施術した場合、20万円前後となります。クリニックによっては、麻酔費用等が別途掛かる場合があります。