高値で売るために!保存状態が決め手です!

やってはいけないこと

時計を少しでも高く売りたい考えているなら、上手に保存しておくことが大切です。そこで避けておきたい行動を頭に入れておくと良いです。中でも時計の側に磁気を帯びたものを置かない、ということを徹底しておきたいものです。具体的にはスマートフォンやタブレット、パソコンといった電化製品や、ハンドバッグなどについている磁石も気をつけましょう。これらの近くに時計を長時間放置すると、精度が悪くなることもあれば、最悪の場合は動かなくなります。そしてこのような時計は買取金額が下がりますし、中には買取不可の店舗もあります。
時計にコンパスを近づけてみて、北を指さずに針が回転するようなら磁気化している証拠です。もしそうなら時計屋さんに持って行き、修理してもらう必要があるのです。

使わない時の保存方法が重要です

腕時計の場合は、価値を下げたくなかったらできるだけ使用しておくのが無難です。理由は放っておくとやがて動かなくなり、内部の潤滑油が固まってしまうからです。するといざ腕時計を使おうとしても動かないのはもちろんのこと、場合よっては歯車が欠けてしまうケースも珍しくありません。そのためどうしても長期間保管せざるを得ない場合は、手巻きの腕時計なら二、三週間に一度はリューズを巻き上げておきます。自動巻きの場合も同様の間隔で、手に持って軽く振ってやると良いでしょう。
それから保管するなら、直射日光が当たらない場所を選びたいです。紫外線のせいで腕時計のガラス部分が黄色く変色することがあるからで、その場合も買取金額が下がる要因となるのです。

オメガの買取を依頼する時には、ギャランティカードを用意しておくことがおすすめです。カードがなければ、買取拒否になる可能性があります。