ポスターフレームを使うとどんな良いことがあるのか

フレームによってポスターの印象が異なります

店頭で商品や店の宣伝をするのに、ポスターを利用しているところも少なくありません。大きさは様々ですが、遠くから見た時にイラストや文字で効果的に宣伝できるアイテムの一つです。ただし、同じデザインのポスターであっても飾り方で印象が全く異なってきます。ポスターを飾るときに使うフレームには様々なタイプがあるので、それぞれ特徴が異なるので選び方が大切です。

フレームの素材は目的によって選びます

フレームを選ぶ時は、まず何処に飾りたいか決めましょう。例えば、高い位置など壁に取り付けるフレームなら重さが軽いようがおすすめです。床に置く場合は、重さがある程度あっても心配ありません。フレームの枠は、ポスターのデザインと合うものを選ぶと安心です。シンプルに見せたいなら、フレームの枠がないタイプもあります。
簡単に取り外したり仕舞いたい時は、柔らかいビニール製のフレームも便利です。ポスターをフレームから出すことなく、丸めることも出来てしまいます。目的や使い方によって、デザインや素材を選ぶことがポイントです。

フレームを使う利点とは

フレームにポスターを入れる利点は見た目が良くなるだけではありません。長期間飾ってもポスターに傷が付きにくくなります。飲食店やキッチンで使うときに心配される油汚れで悩まされることもないでしょう。そのまま飾る場合は、画鋲などを使うためポスター自身に傷がついてしまいます。フレームを使うと、ポスター自体に傷を付けることなく飾ることができるので安心です。

ポスターフレームは、ポスターを入れて飾るためのものになります。ポスターパネルと呼ばれることもあります。額縁に似ており、額縁よりもポスターが出し入れしやすいものになっていることが多いです。