膣のゆるみに!話題のウルトラヴェラが良い理由

膣のタイトニングにウルトラヴェラ

入浴中、湯船から上がると膣からお湯が出てきたり、くしゃみや咳と同時に尿漏れをしてしまう症状は、膣がゆるんでいることから起きる症状の可能性もあります。膣のゆるみを解消する方法にはさまざまな方法がありますが、今までになかった施術方法のウルトラヴェラなら、メスを使わず気軽に受けられます。

超音波で肌組織を傷つけずに深部に届く

ウルトラヴェラは、一見するとレーザー治療のようですが、高周波を照射するのではなく超音波で施術します。超音波は肌組織を傷つけずに、深部に達してコラーゲンを生成しますから、膣を強く引き締める効果を期待できます。ウルトラヴェラの超音波エネルギーは、表面から1.5mmから4.5mmの筋膜レベルの深さにまで届き、目的の筋層や皮膚層に対しピンポイントに超音波エネルギーが到達して、60度から70度の熱で古い組織の変性、崩壊を促進します。その後、人間の本来持っている再生能力により線維芽細胞が増殖してコラーゲンが新しく再生・生成されるため膣のゆるみを安全に改善できるのです。

炎症や出血の心配もなく、ハリや柔軟性がアップ

ウルトラヴェラは痛みもほとんどなく、炎症や出血の心配もありません。手術の当日から入浴やシャワーも可能です。施術時間は病院によりますが非常に短く、麻酔も必要ありません。膣内の炎症や膣の乾燥、たるみの改善に効果的で、膣壁の弾力や、ハリ、柔軟性がアップします。膣の緩みが気になる方や、ダウンタイムの短い施術で膣の緩みを改善したい方、膣縮小手術後の定期的なメンテナンスを行いたい方にもおすすめです。

膣圧とはその名の通り膣内の圧力のことです。エクササイズが公表されて以降、気にする女性が増えてきました。