照明の交換を検討している方は必見!LEDの特徴やメリットなどを紹介!

LEDの寿命は約10年!

LED照明は、大きく分けると2つのタイプに分類できます。ひとつは器具とランプが一緒になっている物と、もうひとつは、蛍光灯や電球のようなランプだけの物です。器具とランプが一緒になっている照明器具にはシーリングライトやペンダントライトなどの種類があり、これを交換する際は照明器具ごと外して新しい物に取り替えます。一見もったいなく感じてしまいがちですが、LEDの寿命は一般的には約10年と言われています。10年以上経過すると器具そのものが劣化している場合があるので、照明器具ごと交換する必要があります。
一方、電球型や直管型のLEDランプの場合、照明器具を取り付けてから約10年が交換の目安と言われています。そのため、交換する際は寿命までの残り年数などを考慮してランプ部分のみLEDに交換するか、もしくは照明器具ごとLED照明器具に取り替えるか決めるようにしましょう。

LEDには2種類の光の色があります!

LEDには、電球色と昼白色という2つのタイプの光の色があります。赤系の電球色は落ち着いた空間を作り出してくれるので、部屋の中でゆっくり休みたいという方にはおすすめです。一方、白系の昼白色の場合は、昼間の光のようなさわやかでいきいきとした空間を演出してくれるので、運動をしたい時などには最適です。
また最近では、色を切り替えられるLED照明も販売されているので、両方の色を使い分けたいという方はそちらがおすすめと言えるでしょう。
LED照明には様々なメリットもあり、その中でも最も大きな魅力は寿命の長さです。LEDの寿命は白熱灯の約20倍とも言われているので、LED照明に交換すればそれ以降の取り換えの手間を大きく軽減する事ができます。

LEDライトパネルは、細かい光の集合体を演出することができるので、デザインにこだわることができ見やすいです。