時代の流れ、増えつつある墓じまいという方法

墓じまいする、ということ

昔からお墓は先祖代々受け継がれ守られていくものでした。ですが昨今、婚姻率の低下や少子化、地方から都市部への移住などで今までのようにお墓を守ることが困難な時代になってきました。そこでお墓を処分し、遺骨を引っ越しさせる「墓じまい」という方法が増加しつつあります。墓じまいの流れとはどのようなものなのでしょうか。

墓じまいの大まかな流れ

まずはお墓の中身を確認し、遺骨の行き先を決めます。遺骨の行き先は主に公営墓地への合祀、散骨、菩提寺での永代供養などがあります。この中の散骨では郵送で遺骨を引き受け、散骨してくれる業者もあります。
それから家族・親族でよく話し合いをすることです。後々トラブルが発生するおそれがあるので、事前に遺骨の行き先や費用のことなどをきちんと相談しておきましょう。それからお墓のある寺院にも早めに相談しておくことが重要です。
遺骨の行き先が決まり相談事も終わったら、お墓のある市区町村の役所で「改葬許可証」を発行してもらいます。それと墓じまいする寺院から「埋葬証明書」、遺骨の行き先から「受入証明書」ももらっておきます。
ここまで終わったら後は遺骨を取り出し、お墓を取り壊す作業です。事前に石材店を探し、お墓を取り壊し更地にするのをお願いしておきます。遺骨の取り出しは寺院の住職が読経し、閉眼供養とよばれる儀式をする所が多い様です。その後遺骨を引っ越しさせ、今まであったお墓を更地に戻せば墓じまいは終わりになります。
時代と共に先祖を供養する形も変わってきましたが、故人への思いは忘れずにいたいものです。

墓じまいの費用はピンからキリまでありますが、その後の供養によって前後するもので、家族に合わせた墓じまいを考えなくてはなりません。