どうしてつらい痛みがあるの!?その原因と対策方法を知る

まずは痛みの原因を知ろう

性行為は恋人や配偶者との仲を深めるのに大事な行為となっていますが、性行為が十分に楽しめない、むしろ苦痛に感じている女性も少なくありません。
性行為が楽しめない原因には性交痛があり、このつらさを相手に言えなくて我慢している人もあれば、痛みから性行為を避けてしまう人もあります。本人にとってつらいことはもちろん、パートナーとの仲にも悪い影響が出てしまう可能性がありますのでやはり改善は目指したいところです。
まず、痛みの原因を知っておきたいですが、女性器が十分潤っていないことがあげられます。その原因としてはストレスや更年期、さらに前戯が不十分であることも考えられます。
さらに婦人科系の病気や女性器に何等かの問題が出ている可能性もありますので、一度診察や検査を受けてみることもおすすめです。

様々な改善方法があります

性交痛を改善させる方法としては、まずはできるだけリラックスするということがあげられます。
恐怖心があると、より痛みが強くなってしまう可能性もありますので、性行為の際は緊張せず、気持ちを整えておくことも大事です。
女性器が潤わない場合は専用のゼリーもあり、ドラッグストアなどで購入することもできますので、こちらも試してみたいところです。
もしも婦人科系の疾患が見つかった場合はまずはその治療を優先します。感染症の場合はパートナーにうつる可能性もありますので、しっかりと治療を行いましょう。
そして、女性器に何等かの問題があり、それが性交痛の原因となっている場合は、外科的な処置で改善できる可能性もありますので、相談してみましょう。

性交痛の治療法は、カウンセリングやパートナーとの話し合いなど精神面をケアすることから始める場合が多いです。